【脳草─ブレガラント1周年】創作を1年続けて感じたこと【反省会】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレガラント1周年!反省会だよ!ベッケさん集合!

ていうか記事書くのめっちゃ久しぶりや…///

改めて!お陰様でオリジナル漫画「脳草─ブレガラント」、今日で1周年でございます!いえーい!創作にのめり込んでいるうちにこんなに時間が過ぎておりました。

逆に、まだ1年か~という思いもあります。

よく続けられてるよな…

この記事では、私が1年間漫画を描きながら考えていたこととか、成長できたこと、反省していることなどあれこれ振り返りつつ、2年目の課題について考えてみます。

スポンサーリンク

漫画を描きはじめたきっかけ

そもそもどうして漫画を描くことにしたかという話から。

すでにご存知の方もいるんですが、ベッケは数年前、社会に出るのに失敗しちゃったんですね///

一回お仕事に就くには就いたんですが、始まって数カ月も経たないうちにパニック発作のようなものが出るようになって、とても続けられなくなって辞めちゃいました。

要するに、私が小学校から”将来入らなきゃいけない”と思い込んでいた社会にまるで適合できず、あっけなくこぼれ落ちてしまったわけです。

そのあと鬱になったり死のうと思ったりと色々あったんですが、今はこの通り無事です!

当時はまったく知らなかったのですが、少し調べてみれば今の時代、外に出て会社に就職しなくても生きていく方法ってあるんですね。

在宅ワーク然り、YouTuber然り、ブログアフィリエイト然り…インターネットってすごい!

その中でも私はブログに魅力を感じていたので、はじめは自由に勉強したことや映画の感想を記事にしたりしていました。

そうしているうちに、「せっかく自由に使えるブログなのだから、小さい頃から頭の中に居たモンスターたちをここに描いてしまおう」と思い立ち、今はブレガラントを描いているというわけです♪

「やらない」と決めていた3つのこと

ブレガラントを描くにあたって、最初の1年で「これはやらないようにしよう」と決めていたことが3つありました。

素人だとしても、ひとつの漫画の作者。ブレガラントを育てるのに大切そうなことは決めておきたかったのです!

ちなみに、なぜ「やる」じゃなくて「やらない」を決めたのかというと、そっちの方が簡単だと思ったからですね///

行動しないって、行動するより楽そうじゃないですか。

そういう理由で「やらない」ルールを3つ決めて1年過ごしてみましたので、ご紹介します。

やらないことその1:自分の作品を嫌う

これは最低限の心構えでした。ベッケの創作のモチベーションを下げないためのルールです。

厳しく自己評価するのって時には良いかもしれませんが、貶めるとなると話は別です。「嫌い」とか「クソ」とか「価値がない」とかね。そんなのは謙虚ではなく自己否定です。

自分で作品を貶めることは、作品を好きでいてくれる人や、好きじゃないとしても貴重な時間を割いて読んでくださってる人、さらには一生懸命作ってきた過去の自分や作品内に居るキャラクターたちを罵倒するのと同義だと私は考えています。

だから創作にあたってもどかしい気分になっても、その場かぎりの感情で作品を傷つけてしまわないように心がけていました。ブレガラントたちもそんなことはされたくないはずです。

やらないことその2:画力を責める

これもまた、自分のモチベ維持のための心構え。前の項目に近いといえば近い。

そして一番できなかった項目でもあります!

ベッケは「私は絵が上手い」とは微塵にも思っていません。

むしろな”ん”で”描”け”な”い”ん”だ”よ”お”お”お”!”と床を転げまわるようなタイプです。今もそうだよ!

創作1年めのぺーぺーな私はただ描き続けるだけでいいのに、そんなこと考えていたら描く手は止まるしやる気は無くなるしで良い事ひとつも無いんです。

しかもベッケの場合は描きはじめる前に悩んでしまうんですよねえ!行動する前から「無理だー!」ってなりやすいんです。

なので、何も描いてないうちから床を転げまわる自分がいれば、毎回「下手でもいいからまず描こう!線1本だけ!点ひとつだけ!」と言い聞かせ続けました。

それでもダメな時は1回寝ます(˘ω˘)

やらないことその3:雑に描く

これは正直、途中までは”別にどうでも良いだろう”と考えていました。無料で読めるんだから、短時間でザッと描いて大量に投稿する方がいいんじゃないかなって。

ところが『とある隊員とカフタフ』の12話あたりを描いている頃(創作をはじめて1か月くらい)、フォロワーさんのひとりとSkypeをした時、彼女がブレガラントの感想をくれたんです。当時雑に描いていた漫画をたくさん褒めてくれたんですよ。

感想もらう嬉しさって半端ねぇんですわぁ…

あの時、初めて誰かに読んでもらっているという実感ができて、「手抜きでもいい」と考えていた自分を心から悔いました。

それからはずっと「下手でもいいけど手抜きはしない」と決めています。あの日を境に作品がゆっくり成長しはじめたんじゃないかなと、自分で勝手に思っています。

以上の3つを意識してきました。

大した内容でもないですが、私には難しかったです。特に2番目!!!

なので実際にできていたかはわかりません。ただ、良くない状態にある自分に気づきやすくなったというだけで、気を付けてきた意味はありました。

何より、1年間継続できているのはこの3つの「やらない」を決めていたからだと思っています。

あんまり厳しく縛るのもかえって体に悪いので、徹底はしていません。気づき次第、できる範囲で修正、という感じです。

でも、未来では上の考えがころりと変わっているかもしれませんよねー。しょせんは1年めの境地です。変化したらしたで、その様子を数年後に見返すのが楽しみです。

成長したと思う3つのこと

この1年で、良い意味で過去の自分と変わったことが3つあるのでご報告をば。

1:画力が上がった

自分で言うのもなんだけどな!///

さすがに1年間毎日描けば、いやでも絵の成長を実感できます!

初期(2018/4/30)

1年後(2019/04/20)

ベッケさん、絵の練習は一切やっていません。絵が下手なのが嫌なくせに、特別に上手くなりたいという欲求もありません。

それでも、1ページ1ページ魂込めて描いているうちに勝手に上手くなっていくんじゃね?という仮説を立てて本編を進めていました。

本番が練習!練習は本番!

仮説は今のところ正しいんじゃないかなーと思います。でも3年は様子見ていたいですね。次の1年はどうなるやら。

2:創作の習慣がついた

毎日机に座って何かしらの作業をする習慣が身に付いた気がします。

とはいっても、毎日ちょっっっとだけでも何かする、というハードルの低い習慣です。

「1%は0%より100%に近い」という言葉もあります。

どんなに面倒くさくても、とりあえず線を一本。これだけでも毎日毎日繰り返していれば、いつか必ず何かしらの作品が仕上がります。

塵も積もれば山となる。単純なセオリーです!

このセオリーを信じていたおかげか、1年目で200ページ以上描くことができました。途中で数えるの忘れてしもた。

私は背景を描くのが苦手で、背景に直面するともうやる気が出なくなって漫画の作業が止まってしまいます。2、3コマの背景のために1日かかる時もあります。作業そのものを拒絶して筆をポイしてしまうんですね。

それでも無理やり線を1本引いて「よっしゃー!」と叫んでは筆ポイを繰り返しているうちに、なぜかそのうち問題のページが仕上がってるんです。

とにかく、ちりつも理論を自分の中で証明した1年だったように思います。もちろん今後も同じ理論を胸に続けていきます。

3:自分の状態に気づきやすくなった

今、やる気が落ちているな。調子が良いな。ささいなことに腹を立てているな。悲しんでいるな。取り乱しているな。安心しているな。

そういう自分の状態を見つめることができるようになってきたと思います。

自分の心身の状態って創作にめちゃくちゃ影響するので、どんなに制御が難しくても蔑ろにはできません。

ベッケもひとりの人間ですから、油断すればイライラしますし、モヤモヤしますし、はしゃぎすぎることもあります。

でも、去年の自分と比べると、感情がぐらついている自分に「あっ」と気が付くようになってきたんですよね。

ほんのささいな変化ですが、気づきもしなかった頃に比べると、ちょっとは成長したのかな?と勝手に評価しています///

反省している3つのこと

はい。ここまでドヤ顔で自分の成長やら哲学をアピールしてきましたが、それもおしまい。

ちょっと自分に厳しいモードになりますぞ!

次の話題は反省点です。この1年を振り返って「これは良くなかったなー」と思ったことを3つお話します。

そして、それを踏まえて2年目はどのように活動していくのかも考えてみます。

反省点その1:頑張っていた

これは良い事では?と思う人もいるかもしれません。

でも私の場合、頑張るとろくなことがない人種なんです。

「今の私は頑張っている、苦労している」と思いながら無理して描いている時にかぎって、絵の成長がぴたりと止まるんです。それに内容も面白くなくなります。

一方、夢中になって楽しく描いている時は、疲れもないし、作業は速いし、悩みもないし、出来上がりも良いんです。

だから、頑張って描くのではなく夢中な状態を作るのが課題のひとつだと思っています。

む、むずかしそ~!!!

今の時点ではどうすればいいかぜんぜんわからないんで、自分を観察しながら良い方法を考察するのが2年目のテーマかもしれないですね。

反省点その2:普通なものを描きすぎた

話の内容自体は好きなように描けていますが、読み返すと細かいところで

なんか控えめだなあ…

という印象を受けます。毒にも薬にもならないものを描いているような。

全体的にが足りていないですよね!

ブレガラントは、変態が描き、変態に読まれる作品であってほしいのに!

というわけで2年目はもっと積極的に性癖をぶちこんで創作していこうと思います!

反省点その3:反応を欲しがりすぎた

今年のいちばんの反省点です!

1年めはとにかく、創作を継続するためになんとかモチベーションを維持しなければと思っていました。そこでやっていた活動内容がこんな感じ。

  • 1~4ページ描いたらとりあえず投稿
  • Twitterで宣伝
  • 休憩しながら反応待ち
  • いただいた反応から次の創作のエネルギーを得る

このサイクルをどげんかせんといかん。

まず、ただでさえクオリティを上げて更新が遅くなってきているくせに、1度に投稿するページ数が少なすぎます。

こんなの、読む人からしてもずーっと消化不良です。

今頃気づいたん?って感じですよね。

じつは『貪欲のリスク』を描きながら思ってました///

それと、周りの反応や応援をエネルギー源にするのも良くなかったです。反応をいただける前提なのがそもそもアカン。ヒーローショーじゃねえんだから!

TwitterでRTやコメントをもらえるとめっちゃくちゃ元気出るんですよ!疲れが綺麗にすっ飛ぶんです…!ありがたいんです…!

ただそれと無関係に、ベッケの中で妖怪・承認欲求は鎮まることなく暴れ続けてていることに気が付いたんです。

もっと見てもらいたいよ~!

ウオオオオヾ(:3ノシヾ)ノシ

この欲求は留まることを知らないなと、1年続けて確信しました。無理やり押さえつけることはしないにしても、もう少し上手く付き合う必要があります。

というわけで、2年目を前にして私が抱えている欲求は具体的に2つ!

  • 人の反応に頼らずに描き続けられるようになりたい
  • それはそうとRTや反応をもっともらいたい(具体的には10RTを超えたい)

理想が高いって!?それな!!

1番目は自分との闘いなので何とかやれそうです!

問題は2番目だ…これは非常に難しいです!そもそも10RTは1年目の目標だったんですよね。ぎりぎり行くこともあったんですが、ほとんど届いたことはありませんでした。原因はいろいろあると思いますが、とりあえずベッケが2年目にやれそうなことを考えていきます。

拡散されるための要素って何?

まず、人がRTする時に必要な最低限の要素は2つだと考えます。

  • 感情が動いた(喜怒哀楽は問わない)
  • 拡散しやすい

人間には、感動すると誰かに教えずにはいられないという性癖があります。普段のツイートだって、心が動いていなければ絶対にしませんよね。ならばRTという行為だって、ユーザーの心が他者からの刺激によってぐわん!と揺れることによってもたらされるんじゃないかな!?と考えています。

また、拡散しやすいのも必要不可欠な要素でしょう。私の今の投稿スタイルは、話がとても細かく区切られていて、中途半端なワンシーンを無理やり人に見せつけているような状態です。このままでは、万が一「この人の漫画好きだな」と思ってもらえたとしても、どうにも周りに広めづらいんじゃないかなーと思います。これは読者ではなく、消化しづらい料理を出している私の責任です。

それにしても…

人の心を動かすなんてハイレベルな課題ですなあ!そんなの簡単にできてしまったら苦労しません。これは創作者たるもの、2年目といわず一生追い求めるテーマになりそうです!

でも発信の仕方を変えることはとりあえず2年目から挑戦できそうですね!

投稿スタイルを変え、今より読みやすい形にすれば、あとはベッケの実力次第で10RTの壁を超えられるようになる…かもしれません!

てなわけで2年目の作戦を考えました!

もっとページ数を増やして投稿する

な!シンプルだろ!

はっきりとは決めていませんが、だいたい月1更新で、いちどに15~20ページくらいですかね。できれば起承転結の4つに分けた形で投稿してみようと思っています。

ある程度まとめて更新すればみんなも読みやすいはずです。そして読みやすければ、拡散される確率も上がるんじゃね!?という魂胆!

モチベーションを保てるか心配な部分もありますが、創作の習慣は前の1年でだいぶ培えたと思うので、その経験を生かせればと思います。人の反応に依存せずに創作をする練習でもありますね。

とにかくやってみましょう!

応援してくれているみんなへ

いつもコメントしてくれたり、拡散に協力してくれている方、応援してくれている方、とりあえず目だけ通してくれている方、あらためてありがとうございます!今も大きな支えになっています!

1年の間に何度も自信を失いそうになって情けない限りですが、ここまで書いたとおり、小さなことでくよくよせず、這ってでもひたすら前に進もうと思います。

図々しいのは承知ですが、更新が遅くなっても今までどおり応援してくださると嬉しいです!

2年目も、ベッケとブレガラントをよろしくお願いしますっ♡

最後に

以上で1年目の反省会を終わります。どうでしょうかね!

ベッケにしてはなかなかシビアに自己評価できたんじゃないかと思います。

2年目はますます張り切って描き続けるつもりですが、絶対に無理はいたしません!

楽しくやらせていただきますね(一ω一*)

わざわざこんな記事を書いたのは、将来自分が見返すためでもあります。同時に、少しでも誰かの役に立つかもしれないと考えているからです。

完全にベッケの話しかしていませんが、ご自分の価値観と照らし合わせてみて、「これはわかるぞ」「これは自分と違うな」など、何か考えるきっかけになれば嬉しいです。

反省会の記事は毎年この時期に書けたらいいなーと思っています。来年の自分にどう見られるか楽しみ。

では、ここまでお付き合いいただきありがとうございました~ノシ

ブレガラント宣伝

オリジナル漫画『脳草─ブレガラント』の全話をまとめています。

↓BOOTHで1巻も販売しています↓

人の脳に寄生する未知の植物「ブレガラント」と、彼らの住む異世界、そして彼らの存在を認知する人間たちとの関わりを描いた創作漫画です。 1巻では、世界観の説明をゆるりとご紹介いたします。 2巻はこちら→ *商品説明* ベッケのサイトにて公開しているオリジナル漫画「脳草─ブレガラント」の有料版です。 一部の線画を綺麗に修正...

こちらに匿名でメッセージを送れます。

↓よかったらメッセージをください♪

ベッケにメッセージをください

↓漫画描いてます

ベッケの創作漫画『脳草─ブレガラント』
ブレガラントを読む

↓TRPG関連まとめ

↓TRPG関連まとめ
TRPGのバナー

↓映画感想まとめ

映画感想まとめ
ブレガラントを読む
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする