映画『犬ヶ島』感想。至高のストップモーションアニメだ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストップモーション好き、わんちゃん好きの人類すべてにオススメしたい映画です!!!

冒頭も3分ほど公開されてるのでぺたり。

すごくないですか!?

人形を作って、ちょっとずつ動かして撮影して繋げる

ストップモーションという技法を使ったアニメです。

そんな素晴らしい『犬ヶ島』

2回も観ちゃいましたので感想をば♡

(ネタバレは避けております)

スポンサーリンク

何もかも手作り!手が込んでる!

メイキングの一部が公開されてます。

一体一体が手作りです。ヤバイ。

犬の毛はテディベアなどから刈り取って植えたんですって。

テディベアの毛は撮影の際に輪郭がぼやけやすいんですが、ゴミ島に捨てられて汚れたわんちゃんを表現するのにむしろぴったりだったとか。

また、人間の顔のシミや傷、痣、そばかすなども、表情ごとにすべて手作業で描きこまれているんです。

ヤバイ。やばいしか言えない。

舞台は未来の日本。声当てに愛を感じた。

未来の日本といっても、「今」からの未来ではありません。

1960年代くらいの人々が考えそうな未来をイメージした世界といいますか。

結構独特。

レトロな街並みでありながらドローンが飛んでいたりして、なかなか不思議な雰囲気です。

また、人間たちの日本語を外国人の声優さんが声当てしています。

ネイティブに寄せようと頑張ってくれてるのも見所(聴き所?)ですよ!

吹き替え版で観ても彼らの声はそのままです。

これはもう愛ですな。

監督の別作品もオススメです

ウェス・アンダーソン監督は他にもストップモーションの作品を手掛けています。

タイトルは『ファンタスティックMr.FOX』

こちらも興味があったら是非見てみてください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする