映画『タイムライン』あらすじ&感想│華やかなCGもアクションもない。でも明らかに良作です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作りとかアクションとかは大したことないし、かっこいいCGもない。

なのにすごく面白かったです。

途中までは「こんな感じか、なるほどー」って軽いノリで見てたのに、エンドロールの時にはぼろぼろ涙を流してる自分がいた。

そんな『タイムライン』のあらすじと感想をお話します。

⇒Amazonで視聴する

スポンサーリンク

あらすじ(ネタバレなし)

【超ざっくりしたあらすじ】

出来立てほやほやタイムマシンを使ったらクリスのお父さんが600年前のフランスに飛ばされ、戻れなくなった。息子のクリスとその仲間たちが助けに行きます。

それで行ってみたらフランスはめっちゃイギリスと戦争してて、追いかけられるわスパイと思われるわ矢が降ってくるわ…やばい、はやく親父見つけて帰らないと死ぬぞー!

というお話。

一応、youtubeで見つけたあらすじの引用も貼っておきますね!↓

フランス南西部の修道院跡で行われている発掘プロジェクト。そこで14世紀の地層から現代の製品と思われる眼鏡のレンズと”Help me”と書かれたメモが出土する。レンズの度数は、プロジェクトの責任者・ジョンストン教授のものと一致した。教授の息子のクリス(ポール・ウォーカー)ら発掘チームの面々は、プロジェクトのスポンサーであるハイテク企業・ITCを訪れ、驚愕の事実を知らされる。教授は、ITCが開発した時空間転送装置”3Dファックスマシン”で14世紀のフランスに旅立ち、消息を絶ってしまったというのだ!

youtubeから引用(https://youtu.be/zs3FNOTQCms)

圧倒的主人公のマレク。イケメンすぎ。

※以降ネタバレあります。ご注意。

主人公はおそらく教授の息子のクリスなんですが、助手のマレクの方が圧倒的に主人公感ありましたね。

目の前の人を守るために無茶をするところが完全に…

そりゃレディ・クレアも惚れるわ。

本来の歴史では死ぬはずだった彼女を助け、その時代に残ることを決意するシーンでめちゃくちゃ泣いてしまいました。

イギリス兵に耳を切り落とされた瞬間、現代で見つけた石棺の像が自分だと悟るところでぶわっと…

そこで伏線が回収されるの!?!?

という驚愕の思いと、

あ、ということは彼は一緒に帰らないのか…

という寂しさでいっぱいになりました。

クリスたちが600年後の現代に戻った後に遺跡の石棺を見に行くと、碑文にはっきりと「アンドレ・マレク」と書かれていて、彼がクレアとともに素晴らしい生涯を送ったことと、クリスたちへのメッセージが残されていて、そこでまたぶわぁぁっと……

クリスがかすむイケメンっぷりでしょ、マレクさんよ…

記事書いてるだけで思い出し涙が……

最後に:派手じゃない秀逸なSF映画

とにかく伏線の回収が上手い映画だと思いました。

派手なアクションもCGも無いし、表面的なクオリティはそんなに高くないです。

といっても2003年の映画なので充分か?わかんない///

でもとにかく、何と言っても話が面白いんですよ!

熱いんですよ!

昨日まで一緒にいたはずの父のメモが、突然600年前の遺跡で見つかるというのがまずわくわくしますよね。

タイムトラベル系のロマンある事件ですな。

登場人物たちにもひとりひとり物語があって(ダントツにマレクが輝いていた)、うまく本編に繋がってて、終盤はハラハラしっぱなし。

みんな頑張れ~!死ぬな~!って叫ぶ勢いでした。

王道のタイムトラベルSFが見たい人にはぜひおすすめしたいですね。

⇒Amazonで視聴する

こちらに匿名でメッセージを送れます。

↓よかったらメッセージをください♪

ベッケにメッセージをください

↓漫画描いてます

ベッケの創作漫画『脳草─ブレガラント』
ブレガラントを読む

↓TRPG関連まとめ

↓TRPG関連まとめ
TRPGのバナー

↓映画感想まとめ

映画感想まとめ
ブレガラントを読む
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする