怒涛のギャップとユーモア!『ボスベイビー』の吹き替え感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超久々のドリームワークス劇場公開!!大興奮で観に行きました!!

…しっかし相変わらずマニアックなテーマですな…笑

もう大好き!!

というわけでボスベイビー観て来ました!

いや~怒涛のギャグ連発、毒のある台詞回し…たくさん笑った…子供も大人も楽しめる作品だと思います♪

クセが強く、先にテーマを決めて後は勢いに任せて作ったぜ感もありますが、むしろそこがドリームワークスの魅力です♪

ではいつも通り感想をば!

核心に触れない程度に感想書いておりま~す!

スポンサーリンク

吹き替えのムロツヨシ最高っす

初めての吹き替え、初めての主演ということで大興奮なムロツヨシ。

ボスベイビーの役にしっかりハマっててとても良かったです!

山ちゃんや宮野真守など、超ベテランな声優さんに囲まれながらもよく頑張りました!

ムロツヨシは『勇者ヨシヒコ』のメレブ役をされてた時から大好きで、つい応援してしまいます…

この楽しそうなムロツヨシさん!!見てください!!

ボスベイビーの一挙一動がいちいちおっさん

ボスベイビーは赤ちゃん界の経営を短刀している存在で、その中でも上層部に位置する人物なんです。

なので、赤ん坊の見た目をしながらも、職場の上司っぽい仕草や発言を連発します。

しかも相当な仕事人間なので、発言の内容は「仕事いやだ~」じゃなくて「トップに上り詰めたい」という野心に溢れたものです。

なので主人公のティムの方が子供じみていて、ちぐはぐな会話が頻繁に起こってしまい、そこも大いに楽しめます。

ボスベイビーの方がお父さんみたいになってんぞ!?って思える場面もあります。

それでも寝顔は天使なので、見てるこっちは混乱するばかりですよ!

赤ん坊の質感がヤバイ。とくにお尻。

ボスベイビーもそうなのですが、他にもたくさん赤ん坊が登場します。

みんなもう、ぷるんぷるんたゆんたゆんで、めっちゃくちゃに可愛いです!

ボスベイビーが裸の時は絶対にお尻に注目していただきたい。

お尻の揺れがやばいです。

ぺちぺちしたい衝動が止まらないです。

ギャップがお得意なドリームワークス

私はこういうちょっとマニアックなテーマを扱った作品に惹かれる節があるので、ボスベイビーはかなりお気に入りです。

ドリームワークスは、このような“ギャップのあるもの”を作るのに長けています。

ブサイクで嫌われ者の怪物が囚われの姫を助ける『シュレック』や、おデブでオタクなパンダが激しいカンフーアクションをする『カンフーパンダ』。カタツムリがF1レースに出場する『ターボ』など、とにかくギャップに溢れていて、個性的で、チャレンジ精神も旺盛です!

私の勝手なイメージですが…

こういうインパクトのある映画を作る際、一番にテーマがポンと生まれてきて、その後に物語を付けていってるんじゃないかと思います。

「今思いついたんやけど、おっさんの赤ちゃんって良くない?」

「お!面白そうやんけ!」

「どういうお話にする!?」

みたいな感じで…笑

とにかく、想像の自由と可能性、『こういうのも映画になっちゃうんだぜ!』という事をダイレクトに教えてくれるのがドリームワークスだと思います。

そこが大好きなんです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする