12/05 仮面ライダーゴースト視聴中!やっぱヒーローはいいぜ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、ベッケです!

先日から仮面ライダーゴーストを見ております。

今は30話あたりです。全部で50話…すごいボリューム…さすが…

電王→エグゼイド→鎧武→オーズ→ドライブ

ときて、今はゴースト視聴中です。

印象としては、今まで観たのと比べるとあったかぁ~いですね。心が浄化されるような雰囲気。主人公のタケル殿が底抜けに優しくてふわふわしているからでしょうか。お寺が活動拠点なのもあるかもしれない♪

ちらっとネット上でゴーストの評判について調べてみましたが、かなり辛口な評価をしている人が多かったです。特に脚本に対する苦言が多かった。

いやはや、ファンは目が肥えているんだなあ…!

ちょっと悪口に近くてビビりましたけど、これも愛ゆえの批判だと思います。

とはいえ、子供たちにとってはやはり、仮面ライダーは憧れのヒーロー!

『仮面ライダーゴースト』が難病を抱えた子供の心を支えていたという話を聞いた時は、「ああ、やっぱり子供たちのヒーローという偉大な役目を果たしているんだな」と、胸がいっぱいになりました。

私も、子供の頃の気持ちを思い出しながら仮面ライダーを楽しんでいます。ベッケが幼かった頃はウルトラマンばかり見ていましたが、当時は彼らが本当にいる、自分たちを守ってくれると本気で信じていましたからね。今もそれくらいの気持ちで、毎回彼らのかっこよさを噛みしめながら観ようと思っています。

実際、子供たちの憧れるヒーロー番組に込められたメッセージは、当然大人にとっても大切なものばかりですよね。

純粋にワクワクする気持ち、誰かを助ける優しさ、憧れとかって、大人にとっては大したものではなかったり、現実はこんなに甘くなかったり感じてしまうかもしれませんが、実はそんな事はないですよね。大人だからこそ忘れがちなんです。

今年の2月から仮面ライダーを見始めて、子供の頃感じていたワクワクがまた戻ってきた気がします。子供に戻るってすごく良い気分ですよ。世界のいろいろなものが新鮮に感じられて、楽しく思えます。

皆さんも、よかったら子供の頃に楽しんでいたもの、憧れていたものをまた見てみてはいかがでしょう。また、それが今の世代ではどのように変化しているのか、触れてみるのもいいかもしれません。

変化といえば…ウルトラマンって昔から道具で変身していましたっけ。ジードくんはジードライザー、ゼロくんはウルトラゼロアイを使っていましたから、昔からこうだったっけ?って思いました。

ゼアスが歯磨きして変身していたのは覚えてますが…///

今日もまとまりなくしゃべっちゃったなー!

ではこのへんでノシ

ベッケにメッセージをください
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする