ピーカーブーシナリオ【ニャンデミック・ストリート】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニャンデミックストリートのイラスト

システム:ご近所メルヒェンRPGピーカーブー

作者:ベッケ

PL:2~4人

難易度:★★☆☆☆

このシナリオの改変、使用に関する報告は必要ありません。

いただけたらもちろん嬉しいです。

また、リプレイを制作する際も報告は任意です。

仲良く楽しくプレイしてくださいね!

スポンサーリンク

シナリオ概要

このシナリオは、ご近所メルヒェンピーカーブーの初心者向けシナリオです。GM、PLともに良い練習シナリオになると思います。ぜひ遊んでみてください!

シナリオには猫から情報をもらえるシーンがあります。スプーキーは動物とお話できる(かもしれない)シッポ族が便利です。

このシナリオにはTRPGの雑誌「Role&Roll 151号」に記載されているオバケを参照にしています。持っていなくても大丈夫ですが、興味のある方はぜひ読んでみてください。

今回予告

気が付くと、いつもの通学路に立っていた。

でも、やけに視界が低い。

自分は今、座っているのだろうか?寝転がっているのだろうか。

…いやいや、たしかに自分の足で立っている。

不安になって、自分の手を見た。

そこにいつもの手はなかった。

だって、ふかふかの毛が生えていて、手のひらには柔らかい桃色の肉球がついている。

驚きのあまり、体は跳ね上がった。そして、声を上げる。

「フニャアアアアア!?!?」

私…猫になってる!!!!

ご近所メルヒェンピーカーブー『ニャンデミックストリート』

はじまり、はじまり。

NPC

ジミー

ヴァンパイにゃ。オバケになったばかりで、その前の記憶が曖昧です。赤城えまに飼われていたことを思い出すと、彼女に会いたいと強く願うようになります。小さくか弱いオバケですが、献身的で心優しい性格です。

赤城(あかぎ)えま

PCたちのクラスメイトで、ジミーの飼い主。イノセントではありません。ジミーを失ってからずっと寂しそうにしています。少し前まで思い病気を患っていたらしく、つい最近、手術を乗り越えて退院してきました。

ルーン

町のヴァンパイにゃたちのリーダー。上品な仕草と丁寧な言葉遣いが印象的です。かなり長生きな猫だと思われます。ジミーを気にかけてくれています。冷静で賢いオバケです。

エネミー

ドンキャット

生まれながらのヴァンパイにゃ。ジミーを囮にして悪さをします。彼は人間の血を吸いたいだけのハグレオバケで、大昔から各地を転々としています。意地悪でずる賢く、オバケ狩りの人々も手を焼いています。彼をこらしめればシナリオクリアとなります。

導入フェイズ

スプーキーの導入

「新入りがやってきました!」

とある空き家の屋根裏にて、ヴァンパイにゃ族の集まりに呼ばれたスプーキーたち。ヴァンパイにゃ族のリーダーでスプーキーたちの友人であるルーンが、新入りのヴァンパイにゃを引き連れてきました。

今日はこの新入りがやってきたということで、オバケたちは賑わっています。彼は若々しくおっとりした様子のオバケで、名前は『ジミー』と言います。

ジミーは今夜オバケになったばかりで、まだ自分の姿に慣れていません。スプーキーのお友達になろうと近寄ってきます。

「こんばんにゃ。おいらと友達になってほしいにゃ。オバケの世界よくわからないにゃ」

オバケになる前について聞いてみた場合、このように答えます。

「うーん。記憶が混乱しているにゃ。でも、誰かと一緒に住んでいた気がするにゃ。思い出したらお話するにゃ!」

ジミーは人懐っこく、すぐにスプーキーと仲良くなります。心優しい猫オバケです。

ジミーと友達になったら導入フェイズを終了してください。

イノセントの導入

いつもの朝。いつもと変わらない通学路。坂を上り、コンビニの前を通り、道幅の狭い『まねき猫通り』を抜けると、あなたの学校は見えてきます。

(GMはスプーキーのPLに、イノセントと学校に行くか、自由行動をするか聞くのを忘れないように!)

いつものように教室に入ると、久しぶりにひとり生徒が登校してきていました。

彼女の名は、赤城えま。難病を患っており、ここ1か月以上、手術でずっと学校をお休みしていました。そして先日、無事退院したようです。

しかし…えまは机に突っ伏してずっと泣いています。

彼女の友人によると、えまが退院する前日、飼い猫が突然命を落としてしまったそうなのです。

えまはただ「ジミーに会うのを楽しみにしていたのに…私、さよならも言えなかった…」と涙を流すばかりです。

RPが済んだら学校フェイズに移行します。

学校フェイズ

イノセントの人数分、学校イベント表を振ってください。P258

※えまの早退

えまは授業中もまったく元気がなく、とうとう午前中で学校を早退してしまいます。

彼女を見送ると放課後フェイズになります。

放課後フェイズ

放課後フェイズは2サイクルです。

  • 固定イベント:猫のパンデミック!?

学校を出てすぐ、まねき猫通りが目に入ります。まねき猫通りには猫がたくさんいて、通りの店の人々から可愛がられています。

それにしても、今日はなにやらいつも以上に猫で溢れているようです。それも今まで見かけたことのない猫ばかり…。どの猫も落ち着きがなく、あたりをせわしなくうろついています。

スプーキーはここでオバケ判定ができます。シッポ族の場合、目標値は7です。成功すると、近くの猫たちから話が聞けます。

「俺は人間にゃ!気がついたら猫になっていたにゃー!」

「私はそこの駄菓子屋のおばちゃんにゃ!大っきな猫に噛まれたと思ったら猫になっていたんだにゃー!」

  • ジミーを探す

ジミーを探す場合、オバケ判定《生き物》で判定してください。成功すると、住宅地でジミーを発見できます。

(イノセントが初めてヴァンパイにゃを見た場合、恐怖判定が発生します)

ジミーに猫大量発生の事件について問い詰めても、あまり興味を示しません。

しかし、えまの名前を出すとハッとして

「え…えま…?えまちゃん…し、知らないにゃ…おいら何も覚えていないのにゃー!」

ジミーは大慌てな様子でその場から逃げ出してしまいます。

ジミーが行ってしまうと、町のヴァンパイにゃのリーダー、ルーンがやってきます。

「ご安心を。猫にされた者たちは明日の朝、人間に戻ると思われます。それまでは僕たちが面倒を見ますので」

「ヴァンパイにゃに吸血された人間は、猫に変身してしまうのです。通常は数分で元に戻るのですが…彼らにかけられた魔力はかなり強力ですね。そもそも、今の時代は人間の血を吸う事は禁じられているのに…」

「私の仲間はジミーを疑っています。オバケの掟をまだ理解していないのなら、彼がやっても仕方がないと…」

RPを終えると、最後に情報をくれます。

「今夜はヴァンパイにゃの集会はありませんが、代わりに野良猫の集会があります。そこにジミーが来るかもしれない。あなたがたも来てみますか?」

ルーンは猫の集会の場所を教えてくれます。真夜中フェイズでは、ルーンに吸血してもらうことでイノセントも猫に変身することができます。

集会へ行くと新たな情報が得られることをPLに伝えてください。

  • えまの家に行くと…

家の人にえまは帰ってきていないと言われます。えまが早退した事は知っているので、心配そうにしています。

この日はどんなに探してもえまを見つけることはできません。

真夜中フェイズ

1サイクルです。

イノセントが眠る場合、通常、スプーキーは『真夜中の散歩』しかできません。
しかしこのシナリオではスプーキーだけ行動することも可能です。
イノセントも希望すれば、一緒に行動できます。
家を出る場合は家族に見つからないように《隠れる》などの判定をしてください。

この時点でルーンに吸血してもらえば判定なしで家を抜け出すこともできます。これをPLに教えるかどうかはGMの任意です。

(スプーキーがシッポ族でない場合も吸血してもらって猫に変身することができます。)

※吸血で元気or魔力は-1されます。

  • 野良猫の集会

迎えに来たルーンについていくと、まねき猫通りの裏路地に、野良猫たちが集まっています。
ジミーはいません。
元人間の猫たちはヴァンパイにゃに保護されているようです。

イノセントは猫の言葉は理解できません。しかし、ルーンに血を吸わせれば真夜中フェイズの間だけ猫に変身し、野良猫とも普通に会話ができます(この間、人間とは会話ができません)。

スプーキーはオバケ判定を行えば会話ができます。シッポ族は目標値7です。(放課後フェイズですでに判定に成功している場合は免除してもいいかもしれません)

猫たちはこのような話をしています。

  • 地下水路を使うのは禁止だ
  • まねき猫通りの地下に危ない猫がいる

ジミーについて聞くと

  • ここの集会によく来ていた
  • 飼い主のえまが大好きだった
  • えまが猫だったらといつも言っていた

という情報が手に入ります。

  • 固定イベント:ジミーの記憶

ルーンが家まで送ってくれます。その途中で、電柱の下でジミーがぼんやりしているのを見かけます。彼と話すことができます。

「おいら…ここでえまちゃんに拾われたにゃ」

「えまちゃんは世界で一番優しい子にゃ。だから、おいら…」

「……えまちゃんにもう一度会いたいにゃ…」

その時、白く美しい容貌の猫が、物陰から出てきました。このあたりで見たことのない猫です。その猫は、聞いたことのある声で、「ジミー…?」と話しかけてきます。
その白猫は、猫化した赤城えまだったのです。

しかし、ジミーがえまとの再会に喜ぶ暇もなく、エネミーのオバケが割り込むように登場します。

「ブニャーーーッハッハッハ!捕まえたぁ!もう逃がさんぞ小娘ぇ!」

「きゃーーー!」

現れたのは、ひときわ大きな体のヴァンパイにゃでした。邪悪でつり上がった目をしており、鋭い牙を見せつけるように大口を開けていて、その牙は人間の血で赤みを帯びています。

古びたコートと二股のしっぽ、乱れた毛並み。曲がりくねった髭。

不格好でおぞましいその猫オバケに、えま猫はむんずと鷲掴みにされます。

ルーンは彼を知っているのか、「ドンキャット!!!」と驚きの声を上げます。
このドンキャットが町中の人間から血を吸っていたのです。ドンキャットはえまの血を特に気に入り、自分の住処へつれて行こうというのです。

イノセントたちが助けに行く間もなく、ドンキャットは姿をくらまします。
そしてジミーも、「えまちゃあああああん!」と叫びながらその場から走り去ってしまいます。

次の放課後フェイズからドンキャットのオバケ屋敷へ突入できます。

PLがオバケ屋敷の場所に心当たりがない場合、野良猫からもらった情報をもう一度思い出させてあげるといいでしょう。

ルーンから得られるドンキャットの情報

  • 各地を転々としていたハグレオバケ
  • 数年前にイノセントとスプーキーに倒され、隣町の長老が保護していた
  • 改心したと聞いていたが…

最後にルーンを仲間にする事ができます。仲間表を振って効果を決めてください。P298

真夜中フェイズを終了したら、次の日に移行します。

2日目

登校中…まねき猫通りの人々はすっかりもとに戻っていました。話しかけても「妙な夢を見ていた」としか言いません。行方不明になっていた、猫になっていたと言われてもきょとんとするばかりです。

通りの人々がもとに戻って安心したのもつかの間…

…教室の生徒が数人、姿を消していました。

昨日から家に帰っていない生徒がいて、未だに行方がわからないそうです。当然その中に赤城えまも含まれています。

学校フェイズ2

イノセントの人数ぶんの学校イベントを処理してください。P258

放課後フェイズ2

放課後になると、ルーンが慌てた様子でやってきます。

ヴァンパイにゃたちが猫化した生徒を保護していたところをドンキャットに襲われ、生徒たちが連れ去られてしまったそうです。ジミーもどこにいるかわからないと言います。

ルーンはイノセントたちに助けを求めます。

「騒ぎが大きくなると、ヴァンパイにゃ全員がオバケ狩りに目を付けられてしまいます…どうか、連れ去られた子供たちを…そして私たちを助けてください!」

オバケ屋敷フェイズ

部屋数は4です。

2部屋めと4部屋めで固定イベントが発生します。1部屋めと3部屋めはオバケ屋敷イベント表を振って処理してください。P268

よかったら、シナリオオリジナルのイベント表を利用してみてください。

大きな毛糸玉が転がって来た!全員《運動/かけっこ》で判定。失敗すると元気-1もしくは魔力-1d3。防御があるスプーキーは防御の数値の数だけ自分や誰かを守ることができる。
背の高い草の中に迷い込む。出口はどこだろう?《勉強/地理》の判定に成功すればイベントはクリアできる。
狭い棒きれの上を渡らなきゃいけない。だれかが《運動/バランス》に成功すればイベントクリア。
とてつもなく可愛い子猫たちの幻が現れる。君達にゴロゴロと甘えてくるぞ!だれかが《不良/無視》に成功すればイベントクリアだ。
ねずみの門番が通してくれない!《不良/ウソつき》か《友達/おしゃべり》でねずみを説得してどいてもらおう。
ふかふか絨毯の通路だ。何も起こらない。誰かが望むなら、自由行動を1回だけ行うことができる。
高い壁がそびえたつ。いくつか足場があるようだ…。だれかが《運動/とぶ》に成功すればイベントクリア。
不思議なエレベーターに乗る。ねこじゃらしがたくさん備え付けられていて、君達をくすぐってくる!笑ったらエレベーターは上がるのをやめてしまう仕組みだ!だれかが《友達/がまん》に成功すればイベントはクリアとなる。
10 両側の壁にいくつもの猫の石像がある…。見つかったらビームを発射してくるらしい!全員《不良/隠れる》で判定しよう。失敗した人は元気-1もしくは魔力-1d3だ。
11 怖~い顔の犬の絵がある。そこに毛糸玉をぶつけないと次へ進む扉の鍵が開かないようだ。だれかが《運動/投げる》の判定に成功すればイベントクリア。
12 ねずみの見張りがたんこぶを作って落ち込んでいる…。ドンキャットにいじめられたのだろうか。《大人/手当て》か《友達/優しさ》に成功すればお礼にオマモリをひとつくれるぞ。このイベントは何もしなくてもクリアできる。

  • 固定イベント:2部屋め

猫化した生徒たちが檻に閉じ込められています。中には人間に戻ったクラスメイトもいます。えまの姿はありません。

彼らを檻から出すには《力持ち》《工作》の判定を行う必要があります。一回でも成功すれば全員救出できます。

檻から出された生徒は、自分たちでオバケ屋敷を脱出し、家へ帰ります。

  • 固定イベント:4部屋め

ジミーがぐったりと倒れています。ドンキャットとの闘いに敗れ、怪我をしています。

《手当て》もしくは〈命を捧げる〉をすればジミーは元気になり、戦闘に参加してくれます。

失敗もしくは放置する場合、一緒についてきますが戦闘には参加できません。

「おいら…全部思い出したにゃ…」

「えまちゃんが病気になって、ずっと会えなくて…おいら、えまちゃんが死にそうだと知って…みがわりになって、死んだのにゃ」

「おいらが死んだあと、えまちゃん元気に帰ってきたにゃ」

「これからも、ずっと元気な女の子でいて欲しいにゃ。おいら…えまちゃんを助けたいにゃ…」

RPをするとジミーは〈オマモリ〉をひとつくれます。P228

オバケ屋敷の奥

えまは人間の姿に戻っていて、檻に閉じ込められています。
ドンキャットは威嚇の声を上げ、PCたちに襲い掛かります。

「俺様のナワバリにのこのこと…この女は俺様の飯だ!触るんじゃにぇーー!!!」

戦闘フェイズ

ドンキャットのデータ

レベル:2 攻撃:2

弱点:泳ぐ 魔力20

特殊:「縄張り」「つまみ食い」P244

【猫化】(常駐)攻撃を受けた者は《バランス》で判定。失敗すると猫になる。アイテムを使用できなくなり、猫やオバケ以外と会話できなくなる。

※Role&Roll 151号に記載されているデータを少しだけいじっています。

ジミーのデータ

攻撃1 お助け2 魔力17

魔法:「みがわり」「縄張り」

ドンキャットを倒すと、無力な子猫オバケになってしまいます。そしてえまを閉じ込められていた檻が消滅し、オバケ屋敷も崩れていきます。

えまはジミーに抱き着き、涙を流しながらジミーに何度も「ありがとう」と伝えます。ジミーも何度も「ありがとうにゃ…」と答え続けます。

オバケ屋敷が消えてなくなると同時に、えまの瞳にジミーの姿は見えなくなり、お別れになります。ジミーはえまの手元を離れるとルーンとともにドンキャットを預かります。

エンディング

戦いが終わる頃には、いままで猫化していた人間たちは元に戻り、家に帰っていることでしょう。

えまはイノセントたちにも心からお礼を言います。悲しみに満ちていた表情はすっかり明るくなり、最高の笑顔を見せてくれます。

その笑顔を見て、ジミーも満足そうにしながら、ルーンとともにイノセントたちに挨拶をして、ヴァンパイにゃの縄張りへと帰っていきました。

お疲れ様でした。良いセッションができたならば、RPなどに応じて経験点に色をつけてください。

今回のシナリオには「妖怪ウォッチ」や「猫の恩返し」を参考にしています。

あ、雑誌も興味あったらぜひぜひ!ヴァンパイにゃ可愛い!他にも数種類のエネミーやシナリオも記載されています。R&Rとても楽しいですよ~

他のシナリオを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする